記事一覧

大分県大分市の「十五万石」

市内を中心に数店舗お店を構えるラーメン店です。お店によって様々な個性がありますが、共通しているのはボリュームがあるということです。お店によっては、お米一升を使ったヤキメシの大食いチャレンジもあります。店内に入り、メニューに目をやるとちょこちょこ破壊力がありそうな兵器(メニュー)が並んでいます(笑)この政所店は大分の美味しいラーメンの本にも取り上げられていたので以前から是非来てみたいと思っていました。...

続きを読む

大分県大分市の「ラーメン極」

本当に美味しい大分のラーメン本に記載されていたお店です。ここのDX極チャーシュー麺(黒)のビジュアルがスゴかったので食べに来てみました。創業以来強火でとんこつを煮込んでいるせいか、店内はとんこつの香りが充満しており、苦手な人にはキツいかもしれません。デート前や営業前など人に会う前にお店に入ると服に臭いがついてしまう可能性があります。当然DX極チャーシュー麺(黒)をオーダーしました。薄切りチャーシュー5...

続きを読む

大分県別府市の「いっちゃんラーメン」

マスターは元力士というラーメン屋です。そのため、ちゃんこ鍋もいただけます。別府温泉の1つ亀川温泉街の中にありますが、駐車スペースも7~8台ほどあり、非常にアクセスしやすいです。地元の人に人気があるようで、店内は混雑していました。ラーメンの種類は豊富であり、地獄ラーメンや別府冷麺、ちゃんぽんといったラインナップが揃う中、今回は焼豚ラーメンをいただきました。丼にいっぱいに焼豚が乗ったラーメンが土俵入りし...

続きを読む

大分県別府市の「十八番」

別府市内にある人気ラーメンのようです。「十八番」の店名の由来はマスターが野球が好きということから来ているようです。野球の18番といえばエースナンバー、まさにこのお店も別府市のエース的ラーメン店であることは間違いなさそうです。店内に入ると巨人やソフトバンクの野球のユニフォームが飾ってあり、たくさんの地元の人が美味しそうにラーメンを食べていました。今回はチャーシュー麺をいただきました。丼に盛り付けられた...

続きを読む

大分県日田市の「中華さと」

「プノンペンラーメン」という個性的なラーメンを出すお店ということで試しにきてみました。「プノンペンってカンボジアの首都だよな?」と疑問符を持ちながら来店しました。昼時ということもあり、多くの人たちがランチタイムを過ごしていました。注文の大半はプノンペンラーメンでした。注文を通し、ラーメンが到着してびっくりです。大きめの丼にあまりラーメンのトッピングに登場しなそうなセロリがたくさんのっていました。ス...

続きを読む

プロフィール

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター