記事一覧

【ごまだしうどん】大分県佐伯市の「味愉嬉」

日本には様々なご当地うどんがあります。

その中の1つ、大分県佐伯市が送り出すごまだしうどんを食事処「味愉嬉(みゆき)」でいただきました。

大分県佐伯市は魚介類の水揚げが盛んで寿司の町としても有名です「東の小樽、西の佐伯」と言われる程です。

「ごまだし」とは佐伯市自慢の魚介類とゴマ、醤油などをすり身にしたものです。

それをうどんに盛り付けたものが「ごまだしうどん」です。

今回は「ごまだしうどん定食」をいただくことにしました。
佐伯

お味の方は今までに食べたことのない味わいでした

「海のうどん」という表現がぴったりだと思います。

海の幸のうどんというと僕の知る限り海老の天ぷら、キスの天ぷら、ちくわの天ぷらが入ったうどんくらいです。

それ以上に海を感じる味わいでした。

ごまだしの塩辛さと、魚の旨みがうどんと良く合っており美味しかったです。

ちなみにこのゴマだしは瓶詰で佐伯市内のあちこちで入手できるようです。

おにぎりやお茶漬けにしても美味しいとお店のマスターが教えてくれました。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター