記事一覧

【大村甘辛黒カレー】長崎県大村市の「紙月夢兎」

大村市を20kmのランニング


何で大村市を走っているかというとB-1グランプリでも高い支持を得る「大村甘辛黒カレー」をたべたかったから


ホント僕ってご当地グルメマニアだな・・・


店に入り注文を通す


約400年前、大村市は「天正遣欧少年使節」として4人の子供がローマに旅立ったそうだ


その際、経由地のインドでスパイスを入手し、ローマから日本の大村市に帰国した


そのため、日本カレーのルーツの地として大村市は考えられているらしい


また、大村市を通る長崎街道は別名「シュガーロード」という


江戸時代、当時の日本は鎖国だったが長崎県出島だけは違った


出島から江戸へ砂糖を輸送する際に通る道が長崎街道であり「シュガーロード」と言われる所以らしい


そして、現代・・・


カレーのルーツとシュガーロードにちなんで「大村甘辛黒カレー」で町おこしをはじめたらしい


程なくして「大村甘辛黒カレー」がやってきた
大村


凄いビジュアル・・・


本当に真っ黒だ


どうやら竹炭で黒くしているらしい


では、いただきます・・・


そう来たか・・・


1口食べてそう思った


黒いルーはやや辛口・・・


だけど付け合せの野菜はグラッセのような甘煮であった


辛口のカレーソースと野菜の甘煮・・・


良いじゃないか・・・


甘さと辛さのギャップがあって


こういうメリハリのある料理は好き・・・


でもやっぱりスパイスが効いて食べている時に汗が出る・・・


食べながら汗を掻いてしまうのもまたカレーの醍醐味


とても満足して完食した


ご馳走さまでした


紙月夢兎

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:カフェ | 諏訪駅竹松駅


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター