記事一覧

【うずみ飯】広島県福山市の「御船宿いろは」

広島に住んでいた3年前、江戸時代から伝わる広島県福山市の郷土料理、「うずみ飯」を食べに行きました。

その時の記憶を辿って書き込みします。

「うずみ飯」とはその名の通り外見は普通のご飯ですが、ご飯の中に様々な具が入った料理です。
DSC01062.jpg

江戸時代の倹約政治の際、当時の人たちは「ぜいたく品」と言われる具をご飯の中に隠し食したのがルーツだそうです。

具材に何が入っていたかは覚えていませんが、宝探しのようにご飯を食べ進めていくのは、非常に楽しかったのを覚えています。


もちろん美味しかったです。


また、食育と郷土史指導の一環として周辺の学校給食でも「うずみ飯」が登場することがあるようです。

御舟宿 いろは

昼総合点★★★★ 4.1



関連ランキング:カフェ | 福山市その他


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター