記事一覧

福岡県北九州市の「グリシェンカフェ」

門司港レトロの裏通りにある古民家カフェです。
グリシェンカフェ

築100年の古民家を改修して作ったそうです。

店内はアジアンテイストで、アジア衣装の気さくなスタッフが対応してくれました。
グリシェンカフェ

グリシェンカフェ

メニューはオーナーイチオシのカレーとウイグルの炊き込みご飯「ポロ」です。



今回はそれぞれを半分ずつ楽しめるハーフ&ハーフプレートにすることにしました。
グリシェンカフェ


脇を固めるサラダはオーナーの地元である広島県産の野菜を使用しているそうです。

ウイグルの炊き込みご飯「ポロ」は初めて食べましたが癖のない味わいで、肉の旨味とライスが良い化学反応をおこし美味しかったです。

マスターの自慢の焼きカレーは絶妙な辛さとフルーティーさが出ており、さらにチーズの濃厚な味わいがやさしくそれを包み込み非常に美味しかったです。


グリシェンカフェカレー(その他) / 九州鉄道記念館駅門司港駅出光美術館駅

昼総合点★★★★ 4.0



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター