記事一覧

大分県別府市の「信濃屋」

昭和初期に福岡県田川市にある炭鉱の別荘として建てられた建屋を改修した食事処です。


なんだか、祖父母の家に来たって感じの雰囲気でした。



数あるメニューの中から今回は信濃屋定食をいただきました



大分県の郷土料理であるだんご汁、焼肉、小鉢がついている定食です。


まさに、大分県の家庭料理って感じですね。

地元の人でしょうか??やたらとカレーライスを注文する人が多かったのがとても印象的でした。

どれも、素朴で心温まる「おふくろの味」って感じで非常に良かったのですが、その中でもだんご汁が心に残りました。

レモンが添えてあり、若干の酸味が効いていて美味しかったです。

なんだか実家に里帰りしたような気分を味わえたいいランチタイムになりました。

(2回目)
アイスティーをいただきながら勉強しました。

まるで実家で勉強しているようで学生時代に戻ったようです。

アイスティーの入ったグラスが非常に独特なデザインであり、こだわりも見えました。
信濃屋

もちろん、アイスティー自体も苦すぎず、おいしかったです。





信濃屋喫茶店 / 別府駅

昼総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター