記事一覧

大分県由布市の「オニパンカフェ」

九州を代表する観光地「湯布院」の近くにある塚原高原地区の森の中にある小さなベーカリーカフェです。



立地条件の良くない場所でずっと営業を続けているカフェのため、味に期待ができます。

パンの種類は多い方ではありませんが、それだけに一つ一つのパンにこだわりがあるのかな?と感じました。


あんぱん、玄米あんぱん、あんクロ、白黒、カンパーニュをいただきました。


あんぱんは小さめで生地、あん共に絶品でした。

言葉で言い表せないのですが、今まで味わったことのないようなあんぱんでした。

玄米あんぱんは玄米独特の香りと非常に甘さを抑えた大粒のつぶあんのコラボはまさに「究極のあんぱん」でした。

白黒は三日月型の形をしたハード系の生地にクリームチーズと粒あんが入った新感覚のあんぱんです。


あんクロは、クロワッサン生地に粒あんを包んだ今風のあんぱんでした。


ザクザクっとした食感の生地と粒あんのコラボは良かったです。

アンパンマンもここのパンで新しい顔を焼いてもらったら最強だと思います。(笑)


カンパーニュは玉子、乳製品を使用せずに作っているので非常にヘルシーで、アレルギーを持っている人も安心して食べることができます。

絶妙な食感で非常に食べやすかったです。



オニパンカフェ

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:カフェ | 由布院




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター