記事一覧

【究極のとろろそば】大分県中津市の「一ツ家」

中津市の新耶馬溪地区は秋は紅葉、夏は新緑で景色が良い。

毎年写真家や写生家をはじめ、景色を楽しむために訪れる人も多いです。

そんな新耶馬溪地区には郷土料理を中心とした飲食店や名物のそばまんじゅうを提供する店が多いです。

今回は、新耶馬溪地区の賑やかな場所から少し離れたところにある一ツ家を調査することにしました。
一ツ家1

名物は「やまかけそば¥900」です。
一ツ家

今回はそれをいただくことにしました。

ハッキリ言って高い値段設定だと思い、かなり機嫌が悪かったです。

山かけそばを待っていると、まず辛子しいたけが出てきました。

初めて辛子しいたけは辛子の味がしっかり効いていますが、まろやかな辛さで良かったです。

次に出てきた漬物も、僕好みでした

塩気がやや強めですが、野菜の味もしっかり引き立てていて良かったです。

最後に登場したのは山かけそばです。

あれれ?灰色の山芋にびっくりしました。
一ツ家2

まずはダシをいただきました。

塩辛すぎず良いダシでした。

そばは、かなり短めでした。

恐らくそば粉を使用する割合が多いのだと思われます。

そして灰色の山芋をいただきました。

この山芋が衝撃でした。

そば粉を山芋に混ぜて擦っているのか?それとも元々こういう色の品種なのか・・・

とにかく粘りと、お餅のような食感が衝撃的で美味しかったです。

少し前まで、値段の高さにイラついていましたが、この山芋を食べて一転しました。

「この山かけそばなら900円でも高くないな・・・」そう素直に思いました。
一ツ家

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:そば(蕎麦) | 中津市その他


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター