記事一覧

茨城県龍ヶ崎市の「大勝軒」

たいしょうけん


僕の第2の故郷、龍ヶ崎市にある小さなラーメン屋です。
たいしょうけん

実はこのお店、ラーメン好きなら誰でも知っている「池袋大勝軒」の暖簾分け店でさらにこのお店で修行した職人が茨城県を中心に各地でラーメン屋を開いていきます。
たいしょうけん

およそ10年振りの来店になりましたがお店の雰囲気は当時のままです。

このお店に来たらいつも「もりそば」というつけ麺をいただいていました。

今回もつけ麺シリーズの「チャーシューそば」をいただきました。
たいしょうけん

太めでもちもちした麺は非常に食べ応えがあります。
たいしょうけん

チャーシューはローストポークのような感じで、脂身が少なく食べ応えがあります。個人的にはこういうチャーシューは高たんぱく低脂肪で健康的な感じがして大好きです。

スープは魚介の風味がガツンときいた仕上がりです。食べていくうちに味が薄くなるため、食べながら少しずつ酢を加えて味変していきます。
たいしょうけん

このスタイルは昔から変わらないようです。

少しずつ酸味が加わっていき味の変化を楽しむのもこのお店のつけ麺の楽しみ方だと僕は思います。

最後のスープ割りでは柚子の香りをつけてもらいます。
たいしょうけん

そして、茶道のように最後のスープを楽しみます。

僕はこのお店を「キセキの店」と評しています。
有名ラーメン店である大勝軒が龍ヶ崎にきてくれた「奇跡」と学生時代4年間を走り続けた「軌跡」。

一杯のラーメンで本当に良い時間をすごすことができました。


大勝軒 佐貫本店つけ麺 / 佐貫駅

昼総合点★★★★ 4.6

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター