記事一覧

大分県中津市の「亜細亜食堂cago」

大分県中津市の耶馬溪地区には山奥のアジアンレストランです。

凄く狭い道を入っていきます・・・


比較的すんなりと見つけることができました。

女性に人気があるようです。


メニューは、店名通りアジア系エスニックが中心です。


フィリピン料理の「アドボライス」です。



アドボとは鶏の手羽元を使用したフィリピン料理です。

それにココナッツライスと自家製ピクルスを併せたプレートになっています。

ピクルスはクセがなく、程よく酸味が効いており、万人向けする味で良かったです。

ココナッツライスも良いです。

ライスの中にナッツが入ることで、歯応えと香ばしさが加わっていて僕の好みの味でした。

だけど、ハーブの香りが効いていて、ややクセがあり人によって好き嫌いがありそうな感じです。

アドボも鶏の手羽元がトロトロで「溶けてしまうのではないか?」と感じるくらい柔らかくて美味かったです。

エスニック料理を食べたのは初めてでしたが非常に美味かったです。

女子がエスニック料理が好きな理由が何となく分かった気がしました

きっと、エスニック料理に使用するココナッツやオリーブオイル、唐辛子は美容に良いからなんだろうなと思いました


また、油淋鶏丼セットも後日いただきました

前菜プレートは地元の食材をフル活用したものが並んでいます。
亜細亜食堂

油淋鶏丼もサクサク衣と独特な味付けがとても良かったです。
亜細亜食堂

さらに後日、トムヤムクン。ヌードルセットをいただきました

相変わらず前菜プレートは彩り良く、どれも美味しかったです
亜細亜

トムヤムクンは初めて食べましたが、ピリ辛でエビの風味が効いたのトムヤムクンスープと米粉の麺、たくさんの具材との相性が良く非常に美味しかったです
亜細亜


食後のホットジンジャーも身体が非常に温まりました
亜細亜



ちなみにこのお店、「九州の美味しい店」という本に紹介されています。


使用する食材は無農薬で化学肥料を使わない地元産のものを使用するそうです。

このお店を切り盛りするご夫婦は、もともと栃木県を代表する観光地「那須高原」で腕をふるっていたそうですが、東日本大震災による原発事故で大分県中津市に移住を決意したそうです。


僕は茨城県出身なので、同じ北関東出身のご夫婦には頑張ってほしいです

亜細亜食堂cagoカフェ / 中津市その他)

昼総合点★★★★ 4.1



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEMO

Author:NEMO
茨城県北茨城市出身の食べ歩きが趣味のサラリーマンです。

「食べログ」で口コミ数の少ない店や隠れ家的なカフェ、パン屋、和菓子屋を中心に食べ歩いています。

現在は居住地の大分県を中心に食べ歩いています。

カウンター